簡単に購入できる

指差しする女性

家に新しく手すりを取り付ける際には、従来は、工務店などに依頼するのが一般的でした。手すりの部材などについて、個人的に入手できるお店もあまりないので、工務店に依頼するのが手っ取り早く現実的な方法だったからです。 しかし、最近では、各種のDIYショップなどで、簡単に部材を手に入れることができるので、自分で取り付けを行うことも出来ます。 費用については、工務店に依頼した場合、材料費が全体の約3割で、残りの7割程度は作業代となります。この作業代については、業者によって大きく異なりますが、普段から特に付き合いのない業者に依頼する場合には、ほぼこのようなものとなります。自分で作業をすれば、この作業代を節約することができるのです。

しかし、手すりというものは、かなりの力がかかることがあります。そのような時に備えて、十分な強度を維持していないと、身体、時には生命の危険を伴うこともあるのです。 自分で作業をする場合でも、十分に注意をすることで、十分な強度を実現することができますが、その点では、業者に依頼するのが安心です。 手すりを取り付ける必要があるということは、家族などにそれを必要とする人がいるということですが、その人の状態によって、介護保険や、身障者補助など、各種の補助を受けることも考えられます。 このような補助を利用すれば、費用の9割を補填することができるので、費用を抑えながら、かつ、安全性についても確かな状態を実現することができるのです。