色々な原因

蛇口

トイレなどの水廻りにはトラブルが付き物になります。使用頻度が高くなっていることがありますので、トイレは特にトラブルが多くなります。トラブルが起きた時に困らないように予め業者を決めておきましょう。

Read more

簡単に購入できる

指差しする女性

手すりが取れることや、回らなくなることなどというトラブルは少なくありません。以前では工務店などに依頼していましたが、最近ではDIYなどの影響で簡単に購入ができるようになっています。

Read more

暮らしやすい

快適な暮らしの風景

これまで使っていた家はそのままに、しかしもっと暮らしやすくしたいという考えからリフォームを利用する家庭が増えています。家族の変化や環境の変動によって住みやすい家というものも変化していきます。

Read more

再生しよう

リサイクル

いつでも駆けつけてエアコン掃除をしてくれます。内部もしっかりとキレイにしてくれるため、使用する時とても気持ち良いですよ!

購入した洗濯機の取付ならこちらに任せましょう。修理後そのまま設置工事ができるので、もしもの場合でも安心です。

桐タンスの再生・修理がブームとなっています。桐タンスは本来、古くなった場合には洗いがきくということが基本でしたが、一時、その伝統がすたれた感がありました。現在は、タンス製作の会社やリフォーム専門の会社などが桐タンスの修理を行っています。 価格はタンスの大きさによって異なりますが、幅90センチ高さ100センチのもので10万から15万円、幅90センチ高さ120センチ観音開きのタンスで18万から20万円、幅90センチから120センチ高さ170センチのタンスで20万から25万円程度となっています。また桐の洋服タンスは15万円程度です。 修理は、金具を外してタンスを洗い、汚れを落とし、壊れた個所を治すなどの工程があります。金具の交換なども行っています。

桐の木が材質として優れており、歪みが出にくいことからぴったりと密閉する精密なタンスができます。桐タンスは中に湿気を入れず、燃えにくいという特性があります。現在でも、着物の収納などには桐の箱や桐のタンスが使用されています。そして桐タンスは100年もつと言われます。そのため古くなったタンスを修理して長く使うことができます。 また洗いをして、汚れを落とすので、新品同様にきれいになります。古さを残したいという事であれば、表面はそのまま残し、内部のキズや歪みを治し機能を回復させることもできます。 凝った金具を使ってあれば、元の金具をそのまま生かし、新しい金具に変えてグレードアップすることもできます。桐のタンスに描かれている絵の修復も行うことができます。 桐のタンスは丈夫で長持ちし、しかも修理することで自分の好みに変えることもできます。古いタンスがきれいによみがえり、新品を買うよりも大きな満足を得ることができます。

業界トップクラスの安さでエアコン工事を行なってくれます。お得なセットプランもあるのでチェックしておくと良いですよ。

意外と重要

トイレ

水回りが便利になれば今暮らしている同じ家だったとしても生活の室はぐんと良くなります。トイレやお風呂にキッチンなどを綺麗にしたい場合にはリフォーム会社へ連絡して見積もりを出してもらうことをオススメします。

Read more

音の問題

足を投げ出す親子

生活音が周りへ筒抜けになっている、周囲から子供の騒音で苦情が来るというようなトラブルがあります。これは簡単なリフォームによって防音装置をつけて回避できるようになっていますから、1度検討してみてください。

Read more